中性脂肪って何?内臓脂肪との違いは?

そもそも中性脂肪って何なのか?

脂肪には体脂肪や皮下脂肪などいろいろな種類がありますが、中性脂肪も脂肪の種類の一つです。

食事から摂取した脂質は、小腸で吸収されると血中に取り込まれてエネルギーとして使われますが、使わなかった分は中性脂肪となります。

最近は生活習慣病の原因として注目されている中性脂肪ですが、体脂肪と同じものと思っている方も多いでしょう。

体脂肪は体全体についている脂肪の総称なので、ある意味中性脂肪も同じものと言えるのですが、体脂肪は皮下脂肪なども含んでいるので厳密には同じとは言えません。

また、体脂肪は中性脂肪がたくさん集まってできたものなので、同じではなく体脂肪の元となる脂肪という方が正しいですね。

中性脂肪とは、簡単に言うとお腹や太もも、二の腕などについているぷよぷよの贅肉です。

人間が毎日消費するエネルギーは血中のブドウ糖や脂肪酸などで作られますが、常にこれらの物質が十分にあるとは限りません。

長時間食事が取れなかったりしてブドウ糖などが不足してしまうと、エネルギーを作ることが出来ず、極端に言えば生命維持活動もできなくなってしまいます。

このような危機的な状況に備えて、体にはエネルギー源となるものを貯蔵する働きがあります。その貯蔵されるエネルギー源が中性脂肪なのです。

また、中性脂肪にはもう一つ、体を外部のダメージから守るという大事な働きがあります。

例えば、殴られたり衝撃を受けたりした時にはクッションの役割として、内臓器官を守ってくれますし、体温が下がらないように寒さなどから守って体の状態を維持するのが中性脂肪なのです。

このように、いざというときのエネルギー源となったり、ダメージから体を守ってくれたりする中性脂肪は、生きる上で必要不可欠な存在です。

ただしいくら重要な働きを持っていても、余剰分の中性脂肪は皮下脂肪となったり肝臓の周りに付く内臓脂肪となったり、血中に取り込まれて血液をドロドロにします。

ですので、貯蓄しすぎてしまうと肥満やメタボリックシンドロームが引き起こされます。

さらに脂肪肝や動脈硬化などのリスクも高まりますし、これを放っておくと心筋梗塞などの心疾患や脳梗塞や脳卒中などの血管障害、肝硬変など命に関わる病気になってしまいます。

もちろん生きる上で必要なものですから、単になければ良いというのではなく、適度についていなくてはいけません。

しかし、食べ物が豊かになった現代では、多くの場合中性脂肪値が高くなっているので、健康診断を定期的に受けて適性値に保てるようにしましょう。

中性脂肪と内臓脂肪の違い

中性脂肪も内臓脂肪も大きなククリで言えば脂肪なので違いはありませんが、まったく違う性質を持っています。

中性脂肪というのは主に血液や肝臓に多く存在する、細胞の中に蓄えられる種類の脂肪であって、正式名称はトリグリセリドといいます。

一方、内臓脂肪は腸を覆っている膜につく脂肪です。

膜は腸間膜と言われるもので、本来であれば脂肪がつかないのですが、ある脂肪分によって蓄積してしまいます。

その脂肪分というのは中性脂肪なのです。

つまり、内臓脂肪は中性脂肪が消費されずに残ってしまい、超皮膜にある脂肪細胞に取り込まれることによってできる脂肪なのですね。

ですので同じ脂肪であっても、中性脂肪は内臓脂肪を作り出すものなので、まったく違うものですから減らし方も異なります。

中性脂肪値が高くなるのは、主に食事から取り込まれる中性脂肪分のせいです。

ただ、体内に取り込まれてもすぐに脂肪となるのではなく、血液によって全身に運ばれていくので燃焼させるのではなく数値を下げる必要があります。

基本的に中性脂肪は生命維持活動のエネルギーとして消費されるので、摂取量とバランスを摂れば正常値を保つことができます。

食生活の中で、脂っこいものや糖分が多いものを減らすことを心がけ、中性脂肪を分解する効果があるDHAやEPAを多く含む青魚やナッツ類などを摂れば、中性脂肪を下げる効果があります。

中性脂肪を下げるにはどんな食生活が良いのかについての記事はこちら

中性脂肪を減らす食事の摂り方と糖質制限の有効性
やっぱりEPAとDHAは中性脂肪に良いみたい。

また、中性脂肪は肝臓でも生成されるのですが、アルコールを過剰摂取すると、肝臓で分解される過程で中性脂肪がたくさん作られてしまいます。

野菜中心の食生活を送っているのに中性脂肪値が高い方は、アルコールを摂り過ぎている可能性があるので注意しましょう。

内臓脂肪は、筋肉を動かすためのエネルギー源として使われるので、皮下脂肪などと比べると代謝が活発になります。

ただ、体を動かさないと筋肉も動かないのでエネルギーの消費量が減少して内臓脂肪も減りません。

ですので内臓脂肪を燃焼させるには、筋肉を使う運動を取り入れたり、毎日の生活で体をたくさん動かす様に意識しなくてはいけません。

ただし、中性脂肪は単に内臓脂肪を作り出すだけではなく、中性脂肪自体は贅肉にもなります。

贅肉を燃焼させるには運動も必要ですし、贅肉を燃焼するためのリパーゼという酵素をたっぷり摂る必要があります。

このように、中性脂肪と内臓脂肪は生成される過程も、その性質や減らし方にも違いがあるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする